Photoshopで写真の修整–しょうもない写真をマシにする…四条大宮編

元の写真
元の写真

四条大宮駅あたりを、何気なく撮ったので、駅の名前だけ真ん中にあるが、なんの主張もない退屈な写真になりました。

今回はこれを修整していきたいと思います。

① トリミング

まず、建物の縦の線を目安にして、回転させます。
空の部分の空白は、後で埋めるかどうか決めます。

トリミング中の写真
手動でトリミング

② Photoshopの機能で修整

Photoshopで、車のナンバーやトラックのロゴを消します。
銀行の看板もついでに消します。
こういった「消す」作業は、主にスタンプツールで行います。

次にCamera Raw フィルターで、色や影のバランス、ジオメトリの処理をします。

イメージ調整中の写真
Photoshopの機能に頼ってます

空を描き足したらこれで完成!でも良いのですが、京都、ということで、ちょっと他と違うイメージを付けたいと思います。

③ ちょっとデフォルメ的に仕上げる

デフォルメで仕上げた写真
仕上げ

歪みが加えられたので、右端が目の錯覚のようになっていますが(斜めに見える)四条大宮、阪急大宮駅に立っているイメージに近くなったと思います。

メディアに掲載するのなら②の仕上げで充分ですね***